時計ローン

時計の購入

先日、生まれて初めて高級時計を買いました(*^^)v
ちなみに、私が購入したのは「IWC」といったメーカーの時計です。

 

写真の時計がそうなんですが、こちら世界で1000本の限定品みたいで今は売ってないみたいです。限定品という言葉に弱い僕…。

時計 IWC

 

そもそも、売ってない時計をどうやって買ったのかといえば、友人から譲ってもらった物なんです。

 

友人が新しい時計を買うから、「安く売ってあげようか?」と言われ、葛藤した結果購入しちゃいました(^^)/

 

ちなみに値段は20万円。定価だと70万円ぐらいする物なんですが、超格安で譲ってくれました。多分、質屋やオークションなどで売ったらもう少し高く売れるはずなのに。持つべきものは友ですね。

 

ただ、一つだけ困った事が。それは、お金が足りない事。友達からの購入なので、ショッピングローンを組む事も出来ません。

 

そもそも、お金がないのに時計なんて買うな!って思う方も多いでしょうが、実際時計を購入している方のほとんどが、ローンで購入しているはずです。

 

僕の場合も、月々の支払いは出来るけど、友達から買うのでローンの利用が出来ないというだけですからね。

 

どうしても欲しくなってしまったので、今更諦めるわけにもいかないし、せっかく安く譲ってくれるというので買わなきゃ損です。そこで、カードローンでお金を借りて支払う事にしたんです。

 

カードローンでお金借りました

カードローンだったら、借入用途も自由となっているので、今回のような場合でもお金を借りる事が可能となっています。

 

カードローンは金利が高いと思われがちなんですが、実際はそんな事もないと思います。僕が利用したカードローンは、住信SBIネット銀行から発行されているカードローンなんですが、金利は年1.99%〜7.99%となっています。

 

時計を購入するのに、足らずの15万円を借りたんですが、返済は月々1万5千円支払っています。10か月ほどで完済する予定なんですが、その間の利息分は約1万円ほどです。月々で考えると1000円支払えばいいだけなので、良心的ですよね。

 

借入額・借入期間によって利息分も変わってきますが、利息だけで借入額の何倍にもなる…なんて事は無いので安心です。

 

そもそも、ショッピングローンやクレジットカードなども同じように金利を支払わなければならないので、そう考えると同じことだと思います。

 

カードローンのメリット

個人間で購入する時

時計をカードローンで購入する時のメリットとしては、今回の僕のように友達やオークションなど個人から購入する場合にとても便利だと思います。時計店などで購入する場合は、ショッピングローンの利用が可能となっているお店が多いと思うんですが、個人間では無理ですからね。

 

ローン返済前に売れる

購入した直後から完璧に自分の物になるといった点も特徴です。どういう事かといえば、ショッピングローンで購入した場合は基本的に、返済が終わるまでは時計の所有者はローン会社となっているんです。

 

なので、もし時計が不要になったとしても、ローン返済前なら勝手に売ったりする事が出来ないんです。家や車と違ってしっかり管理されている訳ではないので、そこまで気にしなくてもいいかもしれないですが、原則的には返済が完了して初めて自分のものとなるんです。

 

カードローンの場合はこのような事が無いので、ローン返済前に時計を売る事も自由です。例えば、ローン返済が出来ずに困った時は時計を売って返済する、といった事も可能です。

 

時計購入時にお勧めのカードロ−ン

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
低金利設定

住信SBIネット銀行から発行されているカードローンは、金利が1.99%〜7.99%と低金利設定となっています。
他のカードローンと比べても圧倒的に金利が低く設定されているので、時計を購入する際、特に高額借りる時は住信SBIネット銀行カードローンを利用するのがいいですよ。

金利 1.99%〜7.99%
融資額 最大1,000万円
アコム
アコム
30日間無利息・即日融資

アコムのカードローンは初めて利用する方は30日間無利息となっているのが特徴です。
借入期間が短くすぐに返済出来そうな場合はアコムを利用するとお得ですよ。
即日融資が可能となっている点もポイントです。

金利 4.7%〜18.0%
融資額 最大500万円
みずほ銀行
みずほ銀行
安心感抜群

みずほ銀行から発行されているカードローンも低金利設定となっておりお勧めです。
みずほ銀行の口座をお持ちの方は、Web完結申込みの利用ができ、申込みから借り入れまでスムーズに行う事が可能となっていますよ。

金利 4.0%〜14.0%
融資額 最大1,000万円

 

 

時計専門家に高級時計を購入する時のポイントを聞いてみた

時計と一言でいっても沢山ありますよね。有名ブランドでいうと、「ロレックス」「オメガ」「ブライトリング」「パネライ」「IWC」「フランクミューラー」「ブルガリ」「カルティエ」「シャネル」…とにかく、数えきれないぐらいのブランド、そしてデザインがあります。

 

ちなみに時計を購入する時は、どういった事を基準にしますか?
やはり、好きなブランド・デザインで選ぶというのが一番だと思いますが、時計の商品価値といった事も大事なポイントだと思います。

 

時計が不要になった時の選択肢として、質屋やオークション・知人に売るといった方も多いと思います。この場合、当然ながら誰もが少しでも高く売りたいと思うのが本音ですよね。

 

特に、まだローンの支払いが残ってる場合は尚更だと思います。

 

なので、売る時の事を考えて時計を選ぶのも重要なポイントだと思います。買う前から売る事なんて考えられない!って思うのも分かりますが、出来るだけ商品価値が落ちない時計を買っておくに越した事は無いですよね。

 

例えば、50万円の時計A・Bがあるとします。Aは自分の好みにピッタリの時計。Bは2〜3番目に好きな時計。人気はBの方が高いとします。

 

この場合、私なら迷わずBの時計を買うと思います。もちろんどうしてもAが欲しい、といった場合は仕方ないですが、どっちがいいかな〜?ってちょっとでも迷うぐらいであれば、人気の時計を買っておく方がいいでしょう。

 

人気がある時計は、商品価値が下がりづらいので、もし売る場合は高く買い取ってくれる可能性大です。5年後にAは10万円だけど、Bは25万円、なんて事も全然あります。

 

ロレックスの時計は価値が下がらない、なんてよく聞くと思いますが、デイトナといったモデルは購入金額より高く売れる場合もあります。なぜかといえば、それだけ人気のモデルとなっており、希少価値があるからなんです。

 

このように、時計によって商品価値が全然違うといった事を知っておくのも大事でしょう。

 

もちろん好きな時計を買うのが一番いいんですが、高級時計は財産の一つでもあるので、少しでも価値の下がらない商品を選ぶことを勧めます。

 

Q&A
いくらまで借りれる?

100万円の時計を買おうと思った場合、100万円全額を借りる事ができるのか?
この場合、年収によって借入額が変わってきます。というのも、カードローンの場合は、基本的に年収の3分の1までが最大借入額となっています。銀行カードローンの場合はこのような決まりはないんですが、平均的には年収の3分の1ぐらいになると思います。
すなわち、100万円の時計を買うのに、全額借りたい場合は、少なくても年収300万円が必要という事になります。ただ審査によっては、年収3分の1までは借りれないかもしれません。100万円借りるのであれば、一応最低ラインとして、年収300万円が必要と考えておくといいでしょう。

時計店で入るローンとカードローンの違い

高級時計を販売しているお店では、購入する際にお店でローンの申し込みが同時に出来ます。このローンは、お店側がクレジット会社と契約しており、時計購入と同時にローンの契約をすることが可能となっているんです。
金利や返済方法などは、契約しているローン会社によってさまざまなので、店員さんに確認しするのがいいでしょう。
カードローンとの大きな違いは、現金を借りれるか借りれないかの差だと思います。カードローンの場合は、自身が必要な金額を現金で借りる事ができます。時計店でのローンは、現金のやり取りは無く、クレジット会社が時計店に必要な額を支払うようになります。
基本的には、借りたお金を毎月返済していくことに変わりはないので、そこまで違いはないかもしれないですが、どうしても現金が必要といった場合はカードローンを利用するといいでしょう。